水没しても電源が入るので、iPhone修理は不要?

iPhoneが水没してしまったら

うっかりiPhoneを落として水没してしまった、このような体験をした人は多いのではないでしょうか。iPhoneの水没は故障に繋がるという事で、大慌てをしてしまったと言う人もいると思います。例えば、すぐに電源が入るかどうかを確かめてみたり、水気を出すためにiPhoneを振ってみたり。中には水気を乾かすために、iPhoneの内部に向けてドライヤーの風を当て続けた人もいるかもしれません。しかしこれらの行為は、水没したiPhoneの状態を悪化させてしまう可能性があることを知っていたでしょうか。水没したiPhoneの電源を入れたり水気を出すために本体を振ると、水分がさらに内部まで浸透してしまう可能性があります。iPhone内部に向けてドライヤーの風を当てても水気が乾く可能性は低く、さらに水分を奥へ奥へと押しやってしまう可能性があるのです。

画面のひび割れにも要注意

iPhoneなどの電子機器の重要部分が水に濡れてしまうと、ショートしてしまい作動しなくなってしまいます。iPhoneを水没させてしまった場合は、状態をさらに悪化させないためにもあまり動かさない方が良いでしょう。また、iPhone画面のひび割れも水没と似たような状態になってしまう可能性があります。画面のひび割れのちょっとした隙間から水分が侵入し、時間をかけて本体の奥の方まで浸透していくことがあるのです。画面のひび割れが小さかったり、ひび割れをしていても通常通り使用できるからと言って油断はしない方が良いでしょう。iPhoneを水没させてしまった時はもちろん、画面にひび割れが見つかった時も、できるだけ早く業者に修理をしてもらうようにしましょう。