水没したスマホのデータは無事?

水没させたら気をつけたいこと

スマホを水没させてしまったらデータが心配になる方も多いはずです。精密機器であるスマホは水没させると簡単にショートしてしまいます。データを取り出すのであれば修理業者へ持ち込みましょう。専門知識のある修理業者ではデータを取り出してもらえる可能性が高いです。注意点としては電源を入れないでそのままの状態で持ち込みましょう。電源を入れることでショートが発生し本体の故障とデータの消失を起こしてしまうのです。大切なデータを消さないためにも注意したいところです。また、水没させたらすぐに水から取り出し、バッテリーを外すなど最低限のことはしておきたいものですがドライヤーで乾かすと熱により本体が変形する可能性もありうるので気をつけましょう。

データのためにも注意したい事!

本体を水没させてしまったら修理業者で修理をしてもらいましょう。本体は修理できなかったとしても、内部のデータは無事であることがあり、データを取り出すことが可能です。水没させてしまったらすぐに水から取り出し、水気を取るなどしておくと被害を最小限に食い止めることは可能ですが注意点があります。例えば、水気を取るために本体を振ってしまうことです。これは内部に浸水した水を更に広げてしまい、故障箇所を増やしてしまう危険性があります。また、むやみに分解してしまうとショートや破損などの被害を生じる危険もあります。水没させてしまったら自分でむやみに直そうとせず、そのままの状態で修理業者へ持ち込むようにしましょう。

iphone6sのバッテリー交換をする事によって新品にバッテリーに替えられます。そうする事によって電池を長持ちさせられるようになります。