液晶パネルが割れても、マステで補修すれば平気?

安く済むがリスクも多い

iPhoneは液晶パネルに板ガラスを使っているため、少しの衝撃でも割れてしまいます。丁寧に扱う必要がありますが、日常生活の中ではうっかり落としてしまうことも少なくありません。場合によっては表面に亀裂が入る程度で済むこともあるので、ガラス片が飛散しないようにマステを貼り付けて固定させる人がいます。マステはマスキングテープの略称であり、安価で購入できることから修理業者に出すよりも出費を大きく抑えることが可能です。しかし、マステによる固定はガラス片が脱落するのを防ぐ効果はあるものの、割れた液晶画面のまま使い続けるのはリスクのある行為です。ガラス片がiPhoneの内部に入り込み、誤作動やショートなどの不具合を引き起こすおそれがあります。

液晶画面が破損したら程度に関係無く修理に出すのが賢明

液晶画面にわずかな亀裂が入った程度なら操作にも不具合は無く、そのまま使い続けて良いと考えがちです。しかし、ガラスが割れるだけの衝撃がiPhoneに生じたのも事実です。iPhoneは精密機器なので、衝撃によって機能が大きく損なわれる可能性があります。後になってトラブルに見舞われないよう、速やかに修理業者を頼るのが賢明と言えます。微小であってもガラス片が端末の内部に入り込み、基盤などの部品を傷つけている可能性も否定できません。ガラス交換は市販の製品を使えば素人でも不可能ではありませんが、動作チェックや端末内部のクリーニングは専門業者でなければ不可能です。使い慣れたiPhoneを長持ちさせるため、少しでも液晶画面に亀裂が生じたらマステによる補修で済ませず、修理業者に直してもらうことを心がけます。

iphoneの充電ができない時は端末のバッテリーを確認することが重要です。バッテリーに不具合が生じていると充電機能に異常が生じ、漏電や火災などのトラブルが生じるおそれがあります。